banner

相続税と財産

相続をするにあたり、たくさんの財産があるときには相続税がかかってしまいますよね。
これは法律で決められていることなので、避けることはできません。
ですから、相続税は支払わなくてはいけないのですが、まっこうから相続税を支払うとなるとかなり大きな額になってしまいます。

そのためにするのが節税です。
節税をすることで相続税はかなり減少することができます。

相続が開始になる相続人の亡くなる前から相続に関しての税金対策は行っておいた方が良いでしょう。

私は相続税の節税のために、実家を二世帯にしたのですが、相続税対策のために二世帯として玄関を二つに分けはしましたが、中でつながっているようなつくりにして、主の玄関と勝手口のような扱いにしてもらい、同居してるとしてその家を相続する際には小規模宅地等の評価減の特例として認められるように作りました。
二世帯にする際に、住宅会社とも相談し、税理士とも相談した結果、そのような形となりました。
結果、相続人である父が亡くなってから自宅を相続するときに特例として認められ評価額が80%減になり、相続税の支払い額を大幅に節税することができました。

その他の現金や不動産などについても税理士に相談をして、節税対策をしてもらったのでとても助かりました。

税金を納めることは、国民の義務なのですが、節税をすることも合法的なので選択の道として正しいのです。
相続税を納めるために、国のために働いてるわけではありませんよね。
日本は資本主義の国であり、社会主義の国ではありません。
しかし、所得税だけでなく、さまざまな税金のしばりがありますよね。相続税はきっとふつうに生活してる上で一番大きな税金となるはずです。

大きな税金をできるだけ節税して、財産として残すためにも税金のプロである税理士に相談をすることは得策といえます。



相続税の対策は生前から行うことが得策と言えます。住居を建てなおすときなどに節税対策が同時にできる場合があるためです。税理士さんなどの専門家にご相談すれば色々教えていただけるでしょう。

Copyright(C)2013 相続税の悩み All Rights Reserved.